この記事を書いた人
りんご(トリマー)

自宅トリミングサロンを開業して10年。
子育て中の主婦トリマーです。
トリマー歴は15年。
海外でのトリミングサロン勤務経験もあり。
習い事が好きでダンスなどを休日に楽しんでいます。

りんご(トリマー)をフォローする

【シャンプーによる手荒れを防ぐ方法】効果的なハンドクリームの使い方

経験談
スポンサーリンク

こんにちは!

自宅トリミングサロンを開業して10年。トリマーりんごです(‘ω’)ノ

トリマーのみなさん、こんなお悩みはありませんか?

連日のシャンプーで手が荒れて困っています。

とくに秋冬の乾燥シーズンからの年末の繁忙期になると手の脂がどんどんなくなって、かさかさシワシワ。
酷いときにはシワというシワが切れて血が滲んだり…

そのせいで手は実年齢より10~20歳も老けてしまい手荒れは職業病だと言い聞かせてあきらめていませんか

私もトリマーになりたての頃は悩んでいました。

ピチピチの20代でも手だけは老けて見えるのが嫌でしたね…。

でも今は、ある方法を実践しているおかげで若く見えるとは言いませんが『年相応』の手になっていますし、年末の繁忙期でも切れて出血ということはありません

というわけで今日は、その方法を知らない方がいたら教えてあげたいと思い、記事を書くことにしました。

先に結論を言うと

シャンプーによる手荒れを防ぐ方法
  • 品質の良いシャンプー剤を使う
  • ドライヤーの前に手の水分をしっかり拭き取る
  • 手の甲を中心にハンドクリームを塗る

ということになります。

では詳しく解説していきますね!

後半に私が愛用中の、トリマーさんにおすすめのハンドクリームも紹介するので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

手が荒れる原因

まずは、手が荒れる原因を考えてみましょう。

手が荒れる原因には大きく2つの理由があります。

シャンプー剤の品質

まず1つ目の手が荒れる原因ですが、まず思い当たるのはシャンプー剤の品質ですよね。

とにかく安く、コストのかからないことを優先してシャンプー剤を選んでいませんか?

これは雇われトリマーだとなかなか改善しにくい部分なのですが、自分でお店を開業しているトリマーさんであればシャンプー剤の見直しをしてみましょう。

手に優しいシャンプー剤=犬の皮膚にも優しいシャンプー剤

なので、少しでも品質の良いシャンプーに変えてくださいね。

担当トリマーさんの手がガサガサに荒れてたら『このお店のシャンプー大丈夫?』って、お客様を不安にさせてしまうので注意してくださいね

手が濡れたままドライヤーをかける

そして2つ目の原因。

手が濡れたままドライヤーしている場合、手が荒れる大きな原因になります。

ドライヤーのスイッチを入れる前に、自分の手もしっかり乾いたタオルで拭いておきましょう。

最初はちょっと面倒だけど、習慣にしてしまえばラクですよ。

手荒れを防ぐ方法

上に書いた手が荒れる原因を取り除くことで少しは手荒れが少なくなりますが、それだけではダメージは防ぎきれません。

そこでおすすめな方法がこちら。

手荒れを防ぐ効果的な塗り方

毎回ドライヤーをかける前に手の甲を中心にハンドクリームを塗る

そうすると、手荒れをかなり防ぐことができます。

ハンドクリームを塗ると手荒れしないっていうのは分かるけど、ベトベトするのが嫌なんです。

ハンドクリームを塗った後は、手の平をタオルでしっかり拭いてベトベトを落とすといいですよ。

おすすめのハンドクリーム

ハンドクリームはベトベトしすぎない、少しサラッとしたタイプを選ぶと良いです。

私のお気に入りのハンドクリームはこれです。

ほど良くサラッとしてて塗りやすく、でもきちんと保湿ができます。

犬に余計な匂いが付かない無香料ということも選んだポイント。

しかも水仕事で濡れた手にも使えるって書いてて、まさにトリマーにうってつけ。

そして何よりポンプ式でサッと塗れるのが良い!

以前はコスパ重視の丸い大きな容器に入ったものや、一般的なチューブタイプのものを使っていましたが、このポン式を見つけて即買いしちゃいました!

ドライヤーの前に使うハンドクリームは高級なものでなくても大丈夫。

高級品をケチケチ使うよりも(私だけ?)、安いハンドクリームでもドライヤーの度に毎回しっかり塗るということが大事です。

もし使うなら高級ハンドクリームは夜寝る前に塗りましょう。

ちなみに高級ではないですが、寝る前用におすすめなのがこちら。

これはベトベトするけどしっかり保湿できるので寝る直前に塗ると良いです。

お手頃価格でうれしい!

なんだかんだ言ってプチプラなものが好きなんですよね~。

私もです。

貧乏性はトリマーあるあるですよね。

トリマーの給料の安さよ…。

まとめ 手荒れの原因と効果的なハンドクリームの塗り方

まずは手荒れの原因となるこの2つを見直しましょう。

手荒れの原因
  1. シャンプー剤の品質が悪い
  2. 手を拭かずにドライヤーをかける

品質の良いシャンプー剤で洗い、シャンプー後は自分の手の水分もしっかり拭き取るようします。

そして効果的なハンドクリームの塗り方をするとバッチリです!

ハンドクリームの塗り方
  1. ドライヤーの前に、必ず毎回塗る
  2. サラッとしたタイプのハンドクリームを使う
  3. 手の甲を中心に塗る
  4. 手の平に付いた余分なハンドクリームはタオルで拭き取る

サラッとしたタイプのハンドクリームを使うことと、手の平のハンドクリームを拭き取ることで、スリッカーを持つときにベトベトして持ちにくいということを防げます。

使用するハンドクリームは決して高級品である必要はありません。

大切なのは、ドライヤーをかけるごとに毎回忘れずに塗ることです。

使うハンドクリームはポンプ式タイプだとサッと塗れておすすめです。

というわけで、今回は手荒れを防ぐ方法として効果的なハンドクリームの使い方を紹介しました。

手荒れで切れたりすると痛いしなかなか治らないしでつらいですよね…。

今の時期からしっかりケアを始めることで、乾燥シーズン~年末を手荒れ知らずで乗り越えられると思いますよ!

もう手だけ老けて見えるなんて言われないように、この記事を参考に手のケアをしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました