\トリマーで独立したい方/

自宅開業の手順
この記事を書いた人
りんご(トリマー)

自宅トリミングサロンを開業して11年。
子育て中の主婦トリマーです。
トリマー歴は15年。
海外でのトリミングサロン勤務経験もあり。
習い事が好きでダンスなどを休日に楽しんでいます。

りんご(トリマー)をフォローする

【トリマーのハサミ研ぎ】 郵送で対応してくれる研ぎ屋さん!みんなのおすすめ12選

トリミングの知恵袋
スポンサーリンク

トリマーの商売道具であるハサミ(シザー)には、定期的なメンテナンスがかかせません。

ハサミ研ぎ・メンテナンスはどこに頼むのが良いか気になっているトリマーさんも多く、おすすめが知りたいという声があったのでInstagramでフォロワーさんにアンケートを取りました。

参考にしてくださいね!

ダントツ人気は「ArieS」と「若菜」

Instagramフォロワーさんへのアンケートの回答をまとめたところ、ダントツ人気だったのがこの2店。

ハサミの匠ArieSさんと鋏の若菜さんです。

Aries

会社名:ArieS
所在地:東京都
料金の目安:1丁2,400円(税込)~
返送料:10,000円未満の場合送料660円
ホームページ

鋏の若菜

会社名:鋏の若菜
所在地:東京都
料金の目安:1丁2,750円(税込)
返送料:無料
ホームページ

その他の研ぎ屋さん

その他の回答もご紹介します。ハサミのメーカーさんを紹介してくれた方も多かったです。

シザーズ倭(やまと)

会社名:シザーズ倭
所在地:奈良県
料金の目安:1丁3,300円(税込)
返送料:6,600円未満の場合返送料と代引き手数料実費
ホームページ

エルゲート

会社名:エルゲート
所在地:神奈川県
料金の目安:1丁1980円(税込)(本数により異なる)
返送料:520円
ホームページ

砥(と)んぺい

会社名:砥んぺい
所在地:大阪府
料金の目安:1丁2,000円~
返送料:850円~(代引き手数料込み)
ホームページ

カドック

会社名:カドック
所在地:東京都
料金の目安:1丁2,000円~
返送料:不明
ホームページ

内海

会社名:内海
所在地:大阪府
料金の目安:1丁2,750円(税込)~
返送料:送料実費(代引き)
ホームページ

東光舎

会社名:東光舎
所在地:岩手県
料金の目安:1丁3,850円(税込)
返送料:715円~
ホームページ

ジョーウェルを作ってるメーカーさんです。

研ぎホソヤ

会社名:研ぎホソヤ
所在地:秋田県
料金の目安:1丁2,200円(税込)~
返送料:5,000円未満の場合500円
ホームページ

東京利器

会社名:東京利器
所在地:東京都
料金の目安:3,300円(税込)
返送料:実費
ホームページ

おなじみ胡蝶のメーカーさんです。

wanx(ワンクス)

会社名:ワンクスクリエイション
所在地:大阪府
料金の目安:3,850円(税込)
返送料:715円~
ホームページ

シザーズプライム

会社名:シザーズプライム
所在地:埼玉県
料金の目安:2,700円(税込)~
返送料:10,800円未満の場合500円~
ホームページ

ハサミ研ぎに関するアンケート

Instagramのアンケートで、トリマーのみなさんにハサミ研ぎに関するアンケートを取りました。

ハサミ研ぎの頻度

ハサミ研ぎの頻度は年に何回くらいかアンケートを取りました。

ハサミ研ぎ頻度
ハサミ研ぎの頻度アンケート結果
  1. 年0~1回:339票・47.3%
  2. 年2~3回:293票・40.9%
  3. 年4~5回:56票・7.8%
  4. 年6回以上:29票・4%

ハサミ研ぎ費用負担について

雇われトリマーさん(または雇われ時代)に、ハサミ研ぎの費用は自己負担だったかどうかもアンケートを取りました。

ハサミ研ぎ費用負担アンケート
  1. 全額自己負担:503票・45.4%
  2. 全額お店負担:496票・44.7%
  3. 一部自己負担:110票・9.9%

雇われトリマーはまだまだ給料水準が低いので、全額自己負担だとそんなにしょっちゅう研ぎに出すことは難しいですね。

せめて一部お店負担にしてもらうか、年数回まではお店負担でやってもらえないかなどの交渉はしてみると良いかも。

まとめ

私は現在は出張で研ぎに来てくれる方にお願いしていますが、今後その方が都合がつかなくなったときのために、今回の記事で調べた研ぎ屋さんはチェックしておきます!

今回、Instagramフォロワーのみなさんに教えていただいた研ぎ屋さんをこの記事にまとめることで、ハサミ1丁につき2,000~3,000円がハサミ研ぎの相場であることが分かりました。

複数本のハサミを研ぎに出すと、すぐに1万円超え…

給料の安い雇われトリマーには厳しい現実です。

ですが切れ味の悪いまま無理して使い続けると、変な力の入れ方をするクセがついたり手首を痛めてしまうので、ハサミの適切な研ぎ・メンテナンスは必要です。

オーナーさんと上手に交渉して、一部だけでもお店負担にしてもらえると良いですね。

Instagramではトリマーのあるあるネタや自宅開業に役立つ情報などを発信しています。

不定期ですがストーリーズで今回のようなアンケートも行なっています。
良かったらぜひフォローお願いします!