この記事を書いた人
りんご(トリマー)

自宅トリミングサロンを開業して10年。
子育て中の主婦トリマーです。
トリマー歴は15年。
海外でのトリミングサロン勤務経験もあり。
習い事が好きでダンスなどを休日に楽しんでいます。

りんご(トリマー)をフォローする

トリミング料金 顧客が離れない値上げの方法

トリミングサロン経営
スポンサーリンク

こんにちは!

自宅トリミングサロンを開業して10年。トリマーりんごです(‘ω’)ノ

独立開業しているトリマーさんに質問です!

みなさんは現在設定しているトリミング料金に満足していますか?

もしくは、現在設定しているトリミング料金は適正価格だと思いますか?

おそらく、多くのトリミングサロンが現在の価格は低いもう少し高くしたいと思っているのではないでしょうか?

値上げはしたいけど、値上げしてお客様が離れてしまうことが心配・・・

では、もし既存のお客様をガッカリさせずに値上げする方法があるとしたらどうですか?

ぜひ教えて欲しいワン!

これは私が実際に自分のお店でやった値上げ方法なので良かったら参考にしてください。

既存客が離れない値上げの方法

既存客が離れない値上げの方法とは?

やり方は簡単です。

新規のお客様と長期間ご来店がなかったお客様のみ値上げをする

つまり既存の顧客の料金は据え置きにするのです。

定期的にご来店いただいているお客様には料金の変更はありませんので、新規客と来店期間が開いたお客様のみに新しい料金を案内すればOKです。

ホームページやブログ、SNS、やっている方は公式LINEなどの媒体でも料金変更の告知をきちんとしましょう。

できれば3ヵ月くらい前から告知していった方がいいと思います。

例えば『新規のお客様と6ヵ月(または1年)以上ご来店のなかったお客様には新料金を適用させていただきます』というような文章を店内や入口に貼り、SNS告知や公式LINEメッセージで一斉配信します。

値上げ対象外の常連のお客様にもメッセージは届きますが、自分たちには値上げがないと知ることができるので、きっと自分たちは大事にされていると感じるはずです。

そして最近ではほとんどの新規客はSNSなどのインターネット媒体を通じての来店だと思うので、新規客が来店した場合、ほとんどは新料金に納得した上で来店してくれます

注意としては、古い(安い)料金表がインターネット上(ホームページ等)にある場合は新料金と置き換えておくことです。

全員一斉値上が良ければ、税率が変わる増税のタイミングが一番お客様に納得してもらいやすいと思います。

まだまだトリミング業界は料金が低すぎるお店が多いです。

個人店が少しずつ意識を変えて、しっかり適正価格に値上げしていくことがトリミング業界全体の低賃金の改善・離職率の低下につながると思います。

自分一人だから多少収入が低くても大丈夫・・・かもしれませんが、未来のトリマーたちのためにも、そしてこの業界が少しでも健全に長続きしていけるように、適正価格への足並みをそろえていきませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました