この記事を書いた人
りんご(トリマー)

自宅トリミングサロンを開業して10年。
子育て中の主婦トリマーです。
トリマー歴は15年。
海外でのトリミングサロン勤務経験もあり。
習い事が好きでダンスなどを休日に楽しんでいます。

りんご(トリマー)をフォローする

【レビュー】人にも犬にも超絶おすすめ!ウェットブラシ種類別の使用感とトリミングでの使い方

スキルアップ
スポンサーリンク

こんにちは!

自宅トリミングサロンを開業して10年。トリマーりんごです(‘ω’)ノ

時短おすすめ道具9選でも紹介したウェットブラシ(Wet Brush)について今日は熱く語っちゃいます!

ただ、ウェットブラシと検索しても色んな形のものがあるので実際どれを使えばいいのか分かりにくいと思います。

なので今日はウェットブラシの形による違いを用途別に自分なりにまとめますね。

これから購入を考えている方は選ぶ時の参考にしてください。

ちなみに私はウェットブラシが好きすぎて色んな形のウェットブラシを購入。犬用、家用、実家用、持ち運び用といくつも所有しています。

(マニアになりつつある…。)

先に結論をお伝えすると…

結論 最初の1本として持つなら

犬用なら→①オリジナルディタングラー

自分用なら→②パドルディタングラー

これがおすすめです。

では下でウェットブラシを種類別に解説してきます。

ウェットブラシ(Wet brush)とはどんなブラシか

Wet brush公式ホームページ

まずウェットブラシをご存じない方もいると思うので簡単にどんなブラシなのかを説明します。

ウェットブラシとは濡れた(wet)髪の毛と地肌を傷めずにかすことを考えて開発された、とても柔らかく優しいヘアブラシです。

ピンとクッションの柔らかさは抜群で、一度体験すると他のヘアブラシにはもう戻れない中毒性を持った気持ち良さです。(私個人の感想です。使用感には個人差があります。

本来は人の髪に使用するものですが、とても柔らかく優しいブラシなので「犬に優しいグルーミング(トリミング)」を広めるトリマーさんたちが使い始めて、今ではその優しさを伝える波は全国に広まっています。

私も10年ほど前に「犬に優しいグルーミングを伝えるトリマーさん」から教えてもらったことがきっかけでこのウェットブラシを使い始めました。

ウェットブラシ 種類別の使用感

ウェットブラシのそれぞれの特徴を簡単に表にするとこんな感じになります。

種類ピンの柔らかさクッション性軽さおすすめ用途
オリジナルディタングラー★★★★★★★★★犬のドライ前
ブラッシングトレーニング
パドルディタングラー★★★★★★★★髪の毛用
フレックスドライ★★★★★★髪の毛ブロー用
犬のシャンプー中抜け毛取り
ミニディタングラー★★★★★★★★★★子どもの髪用
お出かけ用(髪の毛用)
(参考)
一般的なスリッカーブラシ
★★★犬のブラッシング
もつれ取り
ウェットブラシ種類別特徴(最大★4つ)

それでは以下にそれぞれのブラシを使ってみた感想を種類別に順番にまとめます。

①ウェットブラシ オリジナルディタングラー

私が一番最初に購入したのがこちらの楕円形のオリジナルディタングラーでした。

犬用としてお店で使うために購入したのですが、犬に使う前に自分で試してみたところ…

あまりの気持ち良さに驚いて、即自分用も購入しちゃいました。

犬に使うなら②四角形のパドルディタングラーよりもこっちの①楕円形のオリジナルディタングラーがおすすめ。

楕円形の方が重さも軽く、ピンブラシに似た形状なので違和感なく使えます

「ウェット」ブラシという名前の通り濡れた(ウェット)状態の皮膚や毛を傷めず優しくブラッシングすることができます。

とにかくピンとクッションが柔らかいので、ブラッシング嫌いな犬のブラッシングトレーニング(リハビリ)としても使えます

パピー(子犬)を迎えたお客様などに、ブラッシングの練習用としてもおすすめできます。

②ウェットブラシ パドルディタングラー

①楕円形オリジナルディタングラー→②四角形パドルディタングラーの順番で購入しました。

楕円形よりも四角形の方がクッション部分の面積が広いので、さらにクッション性UPで気持ち良さもUPしています。

自分の頭で試したら、もうやみつき~~~~で、ずーっとかしていたいくらい気持ちいいと感動しました!

薄毛に悩む人のヘッドマッサージ用にも良いような気がするくらい、とにかくマッサージ効果があり最高に気持ちいいのです。(何回気持ちいいって言ったかな?(;^ω^))

犬にももちろん使ってみました。

四角形で面積が大きい分重さがあり、これを使ってドライングすると面積が大きい分ドライヤーの風を多く受けてしまうのでけっこう手首への負担を感じました。

ドライング前にさっさっとブラッシングする程度や短時間の使用なら問題ないと思いますが、ドライングにも使いたい場合は②楕円形の方が軽くて向いています

気持ち良さは断トツで②四角形の方なので、私は人間用には②四角形犬用には①楕円形というように使い分けています。

③ウェットブラシ フレックスドライ

この③フレックスドライの特徴は、クッション部分がスケスケの骨組みだけのおもしろい形をしているということです。

骨組みだけなのでとても軽い

ドライヤーの風を受けても負荷がかかりません

風がブラシに分断されずに毛まで届くので早く乾くという特徴があります。

ドライヤーで乾かすときに使うことを考えて設計された商品ですね。

ピンの埋め込み部分のクッションがないのですが、スケスケ骨組み部分がバネのように動きます。

ただ、①②のディタングラーに比べるとクッション性がないので気持ち良さは半減しています。(気持ち良さ大事。)

形はディタングラーと同じく、楕円形と四角形の2種類あります。

私は①②のディタングラーの経験から、ピンブラシのように使える方が良いと判断して楕円形を購入しました

シンプルな作りで洗ったり乾かしたりがしやすいので、シャンプー中に抜け毛取りのブラッシングに使うこともあります。

シャンプーして濡れた状態で普通のスリッカーブラシを使うと皮膚が赤くなったりダメージが大きいのでNGですが、ウェットブラシなら傷付ける心配がありません

④ウェットブラシ ミニディタングラー

大きいサイズのウェットブラシに比べたら気持ちよさは物足りないですが、大きいサイズと同様にピンは柔らかいです。

まだ髪の量が少ないお子さんに使うブラシとしてもおすすめ

ある程度成長して髪の量が多い子には物足りないと思いますが、小学校低学年女子のわが子(毛量少なめ~中くらい)にはちょうど良いです。

子どもが自分で持つのにもコンパクトで持ちやすいみたいです。

普段の持ち運び用にカバンに入れて、お出かけ先で子どもや自分の髪を結び直すときなどに使っています。

カバンに入れてもかさばらないサイズ感です。

注意としては、普段使うウェットブラシをすでに持ってて2本目以降に購入するなら良いですけど、最初の1本にこれを選ぶのはおすすめしません。

なぜなら、まずは大きいサイズでウェットブラシ本来の気持ち良さを体験して欲しいからです

未体験のウェットブラシ エピック

以下2つはまだ使ったことがないウェットブラシです。

⑤ウェットブラシ エピックデラックスディタングラー

EPIC DXディタングラー タカラビューティーメイト ウェットブラシ エピック デラックスディタングラー BWP830EPIC 0736658980554

⑥ウェットブラシ エピッククイックドライ

EPIC(エピック)とは、Elite Professional Inspired Creative(エリート・プロフェッショナル・インスパイアード・クリエイティブ)という造語だそうです。

プロ美容師のサロンワーク用に開発されたということでしょうか?

クッションがさらに大きくなっているそうなので使用感が気になるところ…。(良さそうですね…。)

どなたか使ってみた方がいればどんな感じか教えてください(笑)

今後、購入したらレビューを追記したいと思います。

まとめ ウェットブラシを用途別に使うならコレ

トリマーにおすすめなウェットブラシと人におすすめなウェットブラシを分けてまとめてみました。

トリマーにおすすめなウェットブラシ

おすすめウェットブラシ トリミングに使うなら
  • ①オリジナルディタングラー(楕円形)
  • ③フレックスドライ(楕円形)

①オリジナルディタングラーはシャンプー後にしっかりタオルで水分を拭き取った後にかるくブラッシングすることで、ドライング時間短縮に役立ちます。(全犬種におすすめ。)

トリマーにおすすめな①オリジナルディタングラーの使い方

犬のシャンプー後、よくタオルドライをしたらこのブラシでさっさっとかるくブラッシングし、その後にドライングします。

そうすることで、毛の絡みをほどき、風の通り道ができるので乾かす時間が短くなります

「ウェット」ブラシという名前の通り濡れた(ウェット)状態の皮膚や毛を傷めず優しくブラッシングすることができます。

その他にも、ブラシにトラウマがある犬やパピーのブラッシングトレーニングにも柔らかく刺激がないのでおすすめです。

※ペット用のウェットブラシとして黄緑色のオリジナルディタングラー某ペット道具専門ネットショップで購入できますが、人間用のものと形状がそっくりなので問い合わせたところ『色が違うだけで性能に違いはない』とのお答えを頂きました。

③フレックスドライはドライング中にかるく毛をほどく役割として使ったり、シャンプー中に使用して抜け毛の除去にも使えます。(ダブルコートの犬におすすめ。)

犬のシャンプーでの③フレックスドライの使い方

抜け毛の多いダブルコートの犬種のシャンプーで、コンディショナーをなじませるときにマッサージするように③フレックスドライを使ってブラッシングします

抜け毛が抜けてコンディショナーがよくなじむので仕上がりが良くなるのと、乾かす時間も短くなります。

シャンプー中にしっかりと抜け毛を取っておくことで、ドライング中にどんどん抜けて舞い上がる抜け毛を減らせます

シャンプーして濡れた状態で普通のスリッカーブラシを使うと皮膚が赤くなったりダメージが大きいのでNGですが、ウェットブラシなら傷付ける心配がありません

人におすすめなウェットブラシ

おすすめウェットブラシ 自分で使うなら
  • ②パドルディタングラー(四角形)
  • ③フレックスドライ(四角形&楕円形)
  • ④ミニディタングラー(ミニサイズ)

自分で使うなら②パドルディタングラーが一押し!
とにかく気持ち良さは①~④のウェットブラシの中で最高です。

③フレックスドライは入浴後のブローが速く乾くのでおすすめ。
気持ち良さはパドルディタングラーにはかないませんが、ブラシの構造がシンプルで丸洗いしやすく清潔に保てます

④ミニディタングラー小さなお子さん用やカバンに入れて持ち運び用に便利です。

最初の1本におすすめなウェットブラシ

結論 最初の1本としておすすめ

犬用なら→①オリジナルディタングラー

自分用なら→②パドルディタングラー

私はこの2本をお店と自宅それぞれに置いて使っています!

まずはパドルディタングラーでウェットブラシの気持ち良さを味わっていただきたい!

そしてあなたも、ウェットブラシの魅力にはまってください…(*´Д`)

最近はディズニー柄などかわいいものが豊富にそろっているので、お子さんと一緒に選ぶのも楽しいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました