この記事を書いた人
りんご(トリマー)

自宅トリミングサロンを開業して10年。
子育て中の主婦トリマーです。
トリマー歴は15年。
海外でのトリミングサロン勤務経験もあり。
習い事が好きでダンスなどを休日に楽しんでいます。

りんご(トリマー)をフォローする

【大公開】自宅開業主婦トリマーの売り上げ 2021年7月度

トリミングサロン経営
スポンサーリンク

こんにちは!

自宅トリミングサロンを開業して10年。トリマーりんごです(‘ω’)ノ

気になる自宅トリミングサロンのリアルな売り上げを大公開しちゃいます!

前提として、私は現在子育て中の主婦です。

生活費は夫の収入でまかなっていますので、トリミングの稼ぎは貯蓄や急な支出への備えとして考えています。

2021年7月の売り上げを集計しました。

7月度トリミング売り上げ 240,000円

稼働日数 18日間

以下に詳細をまとめます。

当店のデータ

まずはお店のデータです。

  • 開業10年
  • 自宅横の小さな店舗
  • 家賃なし
  • 従業員なし(店主一人のみ)
  • 日曜日+平日1日の週休2日+用事のある日はお休み
  • トリミングのみ(ホテル無し)
  • 受け入れは小型犬のみ
  • 送迎サービス無し
  • 立地は車必須の田舎地方(周辺田んぼ多め)

1日1頭から、多くても4頭程度のゆっくりしたペースでのトリミングをしています。

日によっては予約のない日もありますが、予約制での営業にしているので予約が入ってない日はお休みにしちゃいます!

そして自分や家族の用事などがあれば、半日または1日お休みしたり自分の都合に合わせて予約を入れています。

7月は子供が夏休みに入ったこともあり、平日に家族でおでかけする日を作ったりもしました。

7月度データ

7月の売り上げ

売り上げ:240,000円

稼働日数:18日

ご来店頭数合計:44頭

1頭あたり単価:約5,460円

7月も6月に続いてシャンプーのお客様が多めだったので1頭あたりの単価はいつもより少し低くなっています。

今はちょうどトリミングサロンの繁忙期ですね!

年末ほどではありませんが、繁忙期以外の月に比べると売り上げは多くなっています

トリミングサロンには年に2回、夏と年末の繁忙期がありますよ。

毎月通ってくれるような常連様の比率が多いと繁忙期と閑散期の差が少なくなりますが、来店間隔が2・3ヵ月に1回やそれ以上間隔が開くお客様多いと、繁忙期と閑散期の売り上げの差が大きくなりますね。

私のお店では数年前に比べると毎月通ってくれるお客様が多くなりましたが、まだまだ来店間隔が開くお客様も多いので、売り上げはけっこうバラつきます(;^ω^)

まとめ

7月は祝日や、子供が夏休みに入ったので家族でお出かけするために休んだ日もあり、稼働日数が18日しかありませんでしたが6月よりも売り上げが若干多くなりました。

自宅開業トリマーは、趣味や家族との時間も大切にしながら仕事をできることが魅力です。

公開した売り上げはトリミングの売り上げだけですが、それに物販の売り上げも加わるので実際の売り上げ金額はもう少し多くなっています。

売り上げから経費を引いた金額が利益です。【売り上げ-経費=利益】

経費は水光熱費、シャンプーや物販の仕入れ、サービスで付けているリボン・おやつなどになります。

家賃がかからない自宅開業なので利益率は大きいですよ。

光熱費を下げる方法はこちらの記事をご覧ください。

【経費削減】固定費の見直しをして身軽な経営をめざす
今日は簡単にトリミングサロンの経費を削減する方法についてお伝えしていきます。 ガスや電気などを光熱費と呼びますが、トリミングサロンの光熱費は高いものだとあきらめていませんか? 実は、ガスも電気も契約する会社を選べばもっと安くできるのです。

前月の売り上げも公開していますので興味がある方は見てみてください。

2021年6月の売り上げはコチラ

主婦がパート代わりに自宅開業というスタンスですが、極小店舗の自宅サロンの一例として参考にしていただければ嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました